メモの日々


2001年08月10日(金) 長い

[howto] WindowsでLinuxをリモート操作(前編)

VNCの設定の簡単な紹介。でも、Xを使うことなどしばらくなさそう。

会社など

  • 今週は長く感じる。
  • スクリプトはさっぱり出来上がらない。うーん。
  • 本所にバックアップ用のマシンを設置した。キーボード&マウスの切替機と接続するためのケーブルが、用意していたものが間違いで、新しいのを買いに行ってもらったけどやはり正しくないものを買ってきてしまった。売ってないらしい。
  • Netscape6.1をインストールした。だいぶ安定したということだけど、ほんとかいな。
  • GWNを動かそうとして大変手間取ってしまった。結局兒玉くんのマシンでは動かなかった。IISが無応答になってしまう。SPを入れたりIISのパッチを当てたりしたけど直らず。なぜ?おれのパソコンでは動いた。

2003年08月10日(日)

生活

  • 早朝テレビをつけたら松本人志の対談番組をやっていた。終わりの所しか見られなかったのでよく分からなかった。毎週放送しているみたい。
  • さんまのまんまの総集編を見る。森山良子夏川りみ後藤真希イッサ南こうせつ伊東美咲綾小路きみまろコージー冨田など。森山良子夏川りみの生歌がいかった。
  • テレビでPRIDEを観戦。ヒョードルvsグッドリッジ、クロコップvsボブチャンチン、田村vs吉田、桜庭vsシウバなど。吉田強いのかなあ。
  • PRIDEのおかげでガキの使いを見られないかと思ったが、野球延長のおかげで見る事ができた。笑ったらダメ罰ゲームの第三弾。まだ続くのかよ。

やること

  • 電気カミソリを買う

2006年08月10日(木)

  • バグがたくさん出ている所。まだまだ不安定。
  • 今日の行数:11412
  • 今日の体調:頭が痛い。痛い痛い。

やること

  • デザイン変更
  • 保険
  • ツールのDVDを観る
  • 単4乾電池
  • 定期券
  • スリッパ

2012年08月10日(金)

[サッカー] ロンドンオリンピック 女子 決勝 日本vsアメリカ (ロンドン)

日本時間午前3時45分キックオフ。日本の先発は準決勝と同じ。アメリカの先発は

        モーガン    ワンバック
    ヒース                 ラピノ
      ボックス        ロイド
オハラ ビューラ ランポン ルペルベット
              ソロ

立ち上がり、アメリカは日本のDFにプレッシャーをかけてくる。そして8分、近賀のサイドからヒースがクロス、それをゴール前でモーガンが左に流してゴール前フリーのワンバックに折り返し、それを決められたー。ワンバックが決めたと思ったけど、スローで観ると後ろからロイドが走りこんで決めていた。ロイド見えなかった。

日本はラストパスが合わずにシュートまで至らなかったが、左サイドで川澄が基点となり徐々にチャンスを作る。澤のパスから川澄がエリア内に侵入してシュート、DFに弾かれた所を大儀見がシュートもゴール左へ。澤の落としを川澄がクロス、大儀見がうまくヘディングするがソロに弾かれポストに当たる、倒れていた大儀見素早く立ち上がって再びシュートするがゴール右へ。川澄のパスからエリア内で大野がシュートチャンスもシュートできず、右に横パスして走りこんだ宮間がシュートもバーに当たる。エリアの少し外で大儀見が落としたボールを大野がシュート、僅かにゴール右へ。あと少し。サイドバックがうまく攻撃に絡めないなあ。

後半。8分過ぎにロイドがドリブルで突進、エリア外正面右からゴール左へミドルシュートを決めた。いいシュート。2点を追う日本は阪口を田中に交代。意図は?日本も20分頃、右サイド宮間からのパスを大野が中へ折り返しフリーの澤がシュート、跳ね返りを再び澤、そのボールが流れてきた所を大儀見がゴールに押し込んだ。鮫島を岩渕に交代し勝負をかける日本。岩渕はDFからボールを奪ってGKと1対1でシュートを放つがソロに弾かれた。もう後半40分。大野を丸山に交代。その後はチャンスなかったなあ。交代って難しい。

大会通じて良かった順に、大儀見熊谷岩清水福元澤川澄大野阪口宮間近賀鮫島。大儀見頼みの攻撃に大儀見が良く答えた。サイドバックは印象薄い。

[java] ConcurrentHashMapのSet版

「取得の完全な同時性および予想される調整可能な更新平行性をサポートするハッシュテーブル」であるConcurrentHashMapに対応するConcurrentHashSetというクラスは用意されていない。

そいうSetを得たいときは、Collections#newSetFromMap()を使って

Set<String> concurrentSet = Collections.newSetFromMap(new ConcurrentHashMap<String, Boolean>());

などとすればよさそう。でも、これだとConcurrentMapインタフェースにあるメソッドは使えない。Setは諦めてConcurrentHashMapをそのままSetのつもりで使う方がいいケースもありそう。


2015年08月10日(月)

[life] MRI検査を受けた

左足が痛くて整形外科に通っている。今日MRI検査というのを初めて受けた。

呼ばれたら、カーテンで囲われた狭い場所で着替えてパイプ椅子に座って待つ。前の人の検査が終わるとおれの番。耳栓をもらえた。簡単に説明を受ける。腰を撮影し検査時間は15分くらいとのこと。装置の上に寝る。ひざを曲げられる。腕と胴体を軽く拘束された。決して動くなと言われて穴の中に入れられる。

穴の中の圧迫感はそれ程でもなかった。ガンガン音が響くけど、それもたいしたことはなかった。動かないようにじっとしているのは少し大変だった。しばらくして終了。着替えて退出。

続けて撮影した結果について医師から説明を受けた。椎間板ヘルニアみたい。手術するかも。


2016年08月10日(水)

[vim] vimscriptのprintfデバッグ

Vimのプラグインがうまく動かないのを調べるのに:echomsgコマンドを使ったということをメモ。

:echomsgを使うとメッセージ履歴に残るので、:messagesコマンドを使って後から出力を確認することができる。:echoだとこれができない。


2019年08月10日(土)

[math] 順列と組合せの式

高校生のときからずっと順列組合せの式を覚えられないのでメモしてみる。

順列

n個の中からk個を順番に並べる並べ方の総数 \Large {}_n P_k

\Large _nP_k\\=\ n(n - 1)\ ...\ (n - k + 1)\\=\ \frac{\Large n!}{\Large (n - k)!}

組合せ

n個の中からk個を選ぶ選び方の総数 \Large _nC_k

\Large _nC_k\\=\ \frac{\Large _nP_k}{\Large k!}\\=\ \frac{\Large n!}{\Large (n - k)!k!}