メモの日々


2010年12月15日(水) [長年日記]

  • あっ、12月も半分過ぎてしまった!
  • そんなに忙しくないはずなのだけれど、時間が足りない。

[dream][vim] Vim使いの夢

江森くんと鈴木あきえが凄腕のVim使いだったという夢を見た。Vimについて発表したりしていた。鈴木さんは、Wordでのカーソル移動にカーソルキーを使うのは苦にならないとのことだった。

やること

  • Adobe Readerを9.4.1にバージョンアップ

2010年12月25日(土) [長年日記]

  • 忙しい。予定通りに進まない。

[java] Java SEのリリースノート

Java SE 6 Update 23がリリースされている。検索すると

にて日本語に翻訳されたリリースノートが見つかった。それによれば、

Java SE 6u23 には、以前のリリース (Java SE 6u22) のセキュリティー脆弱性に関する追加修正は含まれていません。Java SE 6u22 には最新のセキュリティー修正が適用されているので、セキュリティー修正を最新の状態にするためにこのリリースにアップグレードする必要はありません。

とのこと。

SunがなくなってからJavaのウェブサイトはよく分からなくなってしまった。For Java Developersから上のリリースノート日本語訳ページに辿りつくことはできるのかな?

やること

  • 請求書

2010年12月28日(火) [長年日記]

  • 仕事一区切り。後は来年。
  • なにもかもが面倒だ。

[book] 空白の叫び (貫井徳郎)

空白の叫び〈上〉 (文春文庫)(貫井 徳郎) 読んだ。三分冊の長編。3人の男子中学生久藤葛城神原それぞれの人生が狂い、出会い、再生しようとする話。神原くんの成長が痛々しい。一番面白いのは中巻。4点。

何をすべきだ、葛城は自問する。そうだ、次はディテールアップだと義母に説明したはずだった。ウェザリング。物語の設定上は兵器であるモビルスーツに、実際に戦場で使われたかのような《汚れ》を加えるのだ。磨き上げられた状態の完成形もいいと思うが、葛城はウェザリングを施されたリアリティーをより好んだ。自己回復のためには、ウェザリングは不可欠だった。

まずは油汚れを表現するために、茶色のエナメル塗料で線を入れる。縮尺を考えるなら、あまり太くては駄目だ。葛城は細い筆を持ち、ゆっくりと線を描こうとする。だがなぜか手先が震えて、まっすぐな線が描けそうになかった。

やること

  • 請求書
  • 定期券