メモの日々


2022年11月26日(土) [長年日記]

[life] 免許証を更新した2022

前回から5年経った。都庁にある免許更新センターへ行く。3度目。

最初の受付に結構人が並んでいて心配になったが、それほど待たされることはなかった。受付で貰った用紙に名前電話番号生年月日などを記入して用紙裏面にいくつかチェック。4番に用紙を見せて3000円を支払う。5番で視力検査。

視力検査は器械が2台あるが、その片方は夫人に付き添われた老人が眼鏡を取っ替え引っ替えしながらずーっと検査をし続けていた。なのでもう片方はスムーズに進めなければならない。用紙と旧免許証を提出してマスクをずらして本人確認の後に器械を覗きこむ。片目の検査は見えたが両目が見えない。1度目は間違えてしまった。もう一度質問され、長いこと見つめた後になんとか正解。時間がかかってしまい申し訳ない。

次の6番で旧免許証に穴を空けられたのかな。その次の窓口で少し待った後に新免許証の情報が印刷された紙を受け取り内容を確認。その次で暗証番号4桁を2種類入力。番号が印刷された紙を貰う。その次で写真撮影。

次が講習。資料は椅子の上に置かれていた。一番前の席に座った。15分くらい待たされただろうか。講習は30分間。講師の話はほとんどなくて、音声付きのスライドを見せられた後に映像を見ておしまい。その部屋で新免許証を受け取る。一番前に座っていたので一番に免許証を受け取れた。暗証番号の確認をせよとは言われなかった。

14:25に受付をして、終わったのは15:15くらいか。


2022年11月02日(水) [長年日記]

[db] MongoDBでドキュメントのサイズを取得する

Object.bsonsize()を使うとドキュメントのサイズを取得できる。

また、コレクションのstats()でコレクション内のドキュメントの平均サイズが分かる。

> db.createCollection("work")
{ "ok" : 1 }

> db.work.insert({hello: "world"})
WriteResult({ "nInserted" : 1 })

> db.work.find()
{ "_id" : ObjectId("6361c3461ee4e6c67b087af9"), "hello" : "world" }

> Object.bsonsize(db.work.findOne("6361c3461ee4e6c67b087af9"))
39

> Object.bsonsize({ "_id" : ObjectId("6361c3461ee4e6c67b087af9"), "hello" : "world" })
39

> db.work.stats()
{
        "ns" : "direct.work",
        "size" : 39,
        "count" : 1,
        "avgObjSize" : 39,
...

2022年10月31日(月) [長年日記]

[howto][db] MongoDBでコレクションの最新のドキュメントをファイルへ出力

MongoDBを久しぶりに使うが何もかも忘れている。

コレクションの最新のドキュメントをファイルへ出力する例をメモ。mongoexportを使う。

$ mongoexport -d データベース名 -c コレクション名 --limit 1 --sort='{$natural: -1}' --out 出力ファイル名

2022年09月15日(木) [長年日記]

[hard] Pixel 6aを買った

1年半前に買ったPixel 4aからPixel 6aへ更新した。税込53,900円で4aより11,000円高い。3年前に買ったPixel 3aを下取りに出して12,000円は戻ってきた。画像の説明

指紋センサーが背面から前面ディスプレイ内に変わったが、背面の方が使いやすかった。ほかは違いを感じない。

ケースはいつものSpigen(1,300円)を買ったが、保護フィルムは指紋認証の精度が落ちるというのを聞いて買わなかった。

領収書の取得には別途申し込みが必要みたい

Pixel 6a購入の領収書を取得しようとしたが、簡単にはできなそう。検索すると出てくる

には

Google ストアで注文すると、確認メールが届きます。このメールで注文番号と領収書をご確認いただけます。

領収書はオンラインでも取得できます。

  1. Google Pay にアクセスします。
  2. Google アカウントにログインします。
  3. [ご利用内容] をクリックします。
  4. 領収書を受け取るには、対象の注文を選択します。

とあるけど、メールにもGoogle Payの取引明細のページにも領収書はない(請求書へのリンクはあるけど)。

取引明細のページに「Google LLC に問い合わせる」というリンクがあったのでそこからチャットで領収書について問い合わせたところ、

PDF形式にして専門部署で作成後、メールでお送りしております。

と回答された。申し込んだので後日領収書を取得できる見込み。


2022年07月29日(金) [長年日記]

[db] SELECT文で非表示にするカラム名の方を指定したい

テーブルから一部のカラムを除いた検索をしたいときに、その除く方のカラム名を指定して検索したいことがある(対象テーブルのカラム数がとても多いときなど)。

でも通常のSQLではそのような指定の仕方はできないようだ。が、

の回答は使えると思った。

  1. 検索したいテーブルを一時テーブルにコピーする
  2. 一時テーブルから不要なカラムを削除する
  3. 一時テーブルに対してカラム名に「*」を指定して検索する

これで長々とカラム名を羅列せずに済む。

-- SQL Server用のSQL
-- 検索したいテーブルを一時テーブルにコピーする
select * into #tmp from tableA;
-- 一時テーブルから不要なカラムを削除する
alter table #tmp drop column columnA;
-- 一時テーブルに対してカラム名に「*」を指定して検索する
select * from #tmp;
-- 要らなくなったら一時テーブルを削除
drop table #tmp;

SQL Serverではテーブル名を「#」一つではじめるとローカル一時テーブルになると知った。