メモの日々


2000年12月13日(水) 早朝

  • あさっての早朝にL!の移行がある。

2001年12月13日(木) 残業デイ

会社

  • 14:25 今日は8:30に水道橋に行ってOOOOで打ち合わせ。何の実りもなかった。11:00から会社でセキュリティビジネスについて打ち合わせ。もっと実りのない打ち合わせであった。
  • 22:40 久しぶりに遅くまで会社にいる。さっきSFAの第1回目のリリースをしたところ。なんかサーバに接続している人がいたけど仕方がないのでIISをストップした。クレーム来ないといいけど。SFA改造大変忙しい。
  • Kのリリースもしたけどそっちは構ってらんない。
  • 23:50 あわわわわ。

テレビ

  • 最近テレビ見ないな。

2002年12月13日(金) 午前休暇の日

[soft] Mozilla解体新書

Mozillaをいじるためのメモ。moz-users MLより。おれもMozillaに貢献してみるかのう。

[windows] HFReport バッチファイルのサンプル(was Re: HfNetChk)

PASSJ MLによればHFNETCHKはめちゃめちゃ便利だそうで。パッチだらけのWindowsを管理するために管理者必須のツールのようだ。で、それを使った便利なスクリプトのサンプルらしいのをメモ。

[windows] Visual Basic .NET を使用した Google Web サービスへのアクセス

マイクロソフトによるGoogleウェブサービスの使い方の解説。PASSJ MLより。

[windows][java] Microsoft .NET と J2EE テクノロジの比較

マイクロソフトによる.NETとJ2EEの比較。PASSJ MLより。.NETって無料の開発環境でもそこそこ使えるのかなあ、ってケチなおれ。

[java] [JavaHouse-Brewers:51665] Re: Java Plug-in のバージョン指定方法

Javaドキュメントの英語版と日本語版で記述が違うという指摘。困るなあ。

Cプロジェクト

  • 14:00〜14:30 ***太田さん秋元さん貞方さんを吉田兒玉と迎えた。@@@の調査お願いします、と言っただけ。頑張れ***。
  • 15:55 きゃー、PDSのクライアントちゃんと動いた。昨日帰ってから、タグがエンコードされるのは問題ないことに気付き(なぜならsoapリクエストのパラメータとして「xmlデータ」を渡すのだから)、今日も色々やっていたとこなのだ。結局、昨日うまくいかなかったのはリクエスト内のタグの大文字小文字を適当に書いていたからのようだ。<request>ではなく<Request>、<pdsinfo/>ではなく<PDSInfo/>と書いたらうまくいってしまった。タグの大文字小文字って区別するんだっけ?
  • 18:05 クライアント側は目処がついたのでサーバ側をやっていたがやはりうまくいかない。Regasm.exeというのを使えば.NETのコンポーネントをCOMコンポーネントとして公開できるのではないかと思い、これを検索したところC:/WINNT/Microsoft.NET/Framework/v1.0.3705/RegAsm.exeにあったので喜んで実行したがサーバの挙動に変化はなかった。うーむ。VisualStudio6.0をインストールするしかないのかなあ。
  • 18:25 どうにも.NET Frameworkへの理解が足りないおれ。ここを勉強しないと先へ進めなさそう。えー。

Kプロジェクト

  • 14:40〜15:10 ステータス確認など。今日の昼にどういうわけかウェブサーバのメモリが急増していた。

その他

  • 13:25 今日は頭が痛い。

2016年12月13日(火)

[vim] Vim 8でフォントを綺麗に表示する

Vim 8で追加されたWindows での DirectX サポート機能を試したら、フォントが綺麗に表示されるようになったのでメモ。

VimはKaoriYaで配布されているもののGUI版を使う。バージョンは8.0.82。

renderoptionsオプションの設定

renderoptionsオプションを設定すると、テキストレンダリングにDirectXを使えるようになる。renderoptionsオプションはパラメータが色々あって難しいのだけれど、

:set renderoptions=type:directx,renmode:5

と設定することでまあ満足な表示になった。

が、この設定だけだと駄目で、以下の設定も行った。

UTF-8化

renderoptionsのヘルプのdirectxの項に

MS-Windows の Vista 以降のバージョンで 'encoding' が "utf-8" である必要がある。

とある通り、エンコーディングをUTF-8に設定する必要がある。KaoriYa版のデフォルトのエンコーディングはcp932になっているようだけれど、 switches\catalog にある utf-8.vim を switches\enabled に移動すればエンコーディングをutf-8に変更できる。

ここまでで、renderoptions未指定だと

画像の説明

という感じだったのが、renderoptionsを上記のように設定すると

画像の説明

という感じになる。下が綺麗かは微妙だけれど、字が太くなった!

guifontオプションの指定

GVimのデフォルトのフォントはMSゴシックのようだが、これをConsolasを使うようにしたい。Consolasには和文用にMSゴシックをリンクする設定を別途行っている(フォントのリンクについての説明は割愛)。

フォントはguifontオプションで設定する。cXXやqXXは何を設定すべきかわからないので未指定とし、

:set guifont=Consolas:h12

と設定すると、

画像の説明

となった。日本語の表示が崩れてしまう。

guifontwideオプションの指定

GVimにはguifontwideというオプションもあるのでこれを指定してみる。

:set guifontwide=MS_Gothic:h12

と設定すると、

画像の説明

となった。うん、これでいいのではないだろうか。

IME動作時の表示が変

未解決の問題があって、漢字変換中に表示される文字の見栄えが確定後の見栄えと違ってしまって違和感がある。

画像の説明

見栄えは妥協したとしても文字幅が変わっちゃうのは困るよなあ。

追記

KaoriYaさんに解説記事が出ていたのでメモ。


2017年12月13日(水)

[shell][howto] zshでPATHのような変数の値が重複しないようにする

zshにて環境変数PATHのようにコロン区切りの変数の値が重複しないようにしたい。

$ VAR=aaa:bbb:aaa

としたときに

$ echo $VAR
aaa:bbb

と振る舞って欲しいということ。 以前は「いい方法は見当たらなかった」と書いているがいい方法はある。

設定方法

組み込みコマンドのtypesetを使って

$ typeset -TU VAR var

とする。「var」の部分はほかの変数と同名にならなければ何でもよい。

-Tオプションで変数VARを配列変数varと関連づけ、-Uで重複除去の属性をセットしている。-Tは余計な設定に感じるが、これが無いと動作しない(少なくとも手元のzsh 4.3.11では)。

動作例

$ VAR=aaa:bbb:aaa
$ echo $VAR
aaa:bbb:aaa

$ typeset -TU VAR var
$ echo $VAR
aaa:bbb

$ VAR=ccc:ddd:ccc:ddd
$ echo $VAR
ccc:ddd

参考